• ぐる撮る

最新版!店内GoogleストリートビューをHPに入れ込む方法

最終更新: 2019年5月18日



店内ストリートビューを撮影させて頂きたお客様から、質問を頂きました。

『店内ストリートビューをHPに表示させる事はできますか?』

ハイ、できます!

それも意外と簡単に。

HPに入れ込む事で、ご自身のHPを動きのあるおもしろページにしたり、お店のイメージを伝える事ができるでしょう。

大きな流れは次のとおりです。

① 店内ストリートビューを表示する

② 表示位置を調整する

③ コードを取得する

④ HPに入れ込む

注意:この作業はパソコンでおこなって下さい。スマホからでは出来ません。

今回は江南市の学習塾 教養堂様 にご協力頂きました。

代表が永年の経験から考案した『お子さんの個性を尊重しつつ学べるスタイル』を実践する塾なんです。

ご覧下さい、塾とは思えない様なシンプルでオシャレな教室を

奥村代表、ありがとうございます(^^♪

① 店内ストリートビューを表示する

Google検索にて、店舗名を検索する。

すると、検索結果の右側に情報パネルが表示されます(ナレッジグラフと呼ばれています)。

ここで、マップ部分をクリックします。


Googleマップが開きます。

今度は情報パネルが左側に表示されています。

ここで、少し下にある360°画像を選んでクリックします。


② 表示位置を調整します

360°画像が表示されたら、マウスで画像を動かし、HPに載せたい位置に調整します。

ここで決めた位置がHPに表示されます。

位置が決まったら、画面左上の店舗名の横にある『縦に点が三つならんだ部分』をクリックします。


③ コードを取得する

ここまできたらあと少しです。

次にHTMLコードを取得します。

表示された共有メニューの中の『地図を埋め込む』をクリックします。


地図を埋め込むメニューが表示されます。

HPに埋め込むサイズを大、中、小で選ぶ事が出来ます。

特別なサイズが必要な場合は、カスタムサイズを選択し表示サイズを入力します。

HTMLのコードをコピーします。

コードの右側にある『HTMLをコピー』をクリックすると、パソコンのクリップボードにコピーされます。

あとは、このコードをブログやHPで所定の箇所に書き込むだけどOKです。

(個々のページでその方法が違うのでお使いのページのヘルプをご確認下さい)


出来上がりは、以下の様になります。


ご自分のHPに窓を開けて、そこからのぞいている様な感じになりますね。

動きのある、楽しいページになりました。

これで、自分のHPから移動させる事なく、店内ストリートビューでイメージを伝える事ができます。


#テクニック

Copyright © 2017 "ぐる撮る" All Rights Reserved.

  • ぐる撮るFacebookへ
  • ぐる撮るTwitterへ